マンネリ化した生活を改善する方法【TED Talks】(Matt Cutts マット・カッツ氏)

30日チャレンジ TED Talks

どうも、shikiです。

今回は、TED Talksにて公開されている

Matt Cutts(マット・カッツ)氏の「30日間チャレンジ」

というスピーチにて、改善方法が述べられています。

Matt Cutts:Googleのスパム対策チームリーダー(~2016年12月31日)

マンネリ化した生活を改善する方法

何か新しいことを30日間試してみる

どんな新しいことがよいのか!?

自分の人生の生活に加えたいといつも思ってたことを取り上げて、試しにやってみる!

実際やってみると…!?

30日というのが、新しい習慣を身に付けたり、

ニュースをみるといった何かの習慣を絶つのに

ちょうどよい長さ

30日チャレンジの良い点

月日がいつの間にか過ぎ去っていくかわりに

ずっと記憶に残るようになる

困難な30日チャレンジを続けることで

自分に対する自信がつく

30日あればなんだってできるとわかる

マット・カッツ氏の30日チャレンジ

1か月毎日写真を撮るチャレンジ

その日どこにいて何をしていたのかはっきり覚えられたと述べている。

1か月自転車に乗るチャレンジ

出不精のコンピューターオタクが

楽しみのために会社に自転車で行くような人間へと変わったと述べている。

※出不精:外出をめんどくさがって、始終家にいること

1か月小説を書くチャレンジ

毎年11月に米国を中心とした何万人もの人たちが30日間で5万語の小説を

一から書こうと挑戦している。( National Novel Writing Month(NaNoWriMo) )

毎日書くのは1,667語だけ

続けるコツはその日のノルマを書くまでは寝ないこと

睡眠不足になるかもしれないが、小説を書き上げることができる

この結果、アメリカが誇る傑作小説ができたのか!?

「まさか!たった一月で書いたんです。ひどい出来だったよ。」

しかし、この経験から、

自己紹介するときに「コンピューターの仕事」→「小説家」と言えるようになった笑

と述べている。

まとめ

小さなことでよいから、ずっと続けられるようなことをするなら、

それは身に付く!

大きな並外れたチャレンジというのも悪くはない!

それはきっとすごく楽しいことだろうが、

それは身に付かない!

マット・カッツ氏が30日間砂糖を断ったとき

31日目はこんな風でした。

31日目の写真
引用:TED Talks

みなさんも

ずっとやりたかったことを試しにやってみましょう

次の30日間で!

コメント

タイトルとURLをコピーしました